奈良県の明日香村には、観光名所として非常に有名な飛鳥寺があります。
奈良県に観光に訪れたことがある人は、飛鳥寺にも言ったことがある人も多くいると思います。

飛鳥寺は、蘇我馬子が建立した寺院として派手さはないものの、穏やかな表情の飛鳥大仏に心を清められる場所になっています。

そんな飛鳥寺の境内にも、丸型郵便ポストが設置されています。
これは、丸型郵便ポストが廃止された後に新設されたものではなく、古くから使用されているものという意味で価値のあるものになります。

また、寺院の境内にあることから、黒味を帯びた赤色となっていることも他の丸型郵便ポストとは異なったものになっています。

なぜ、寺院の境内にあるのか?という疑問は残りますが、何十年も前から写真のように集配が継続されていることは確かなようです。

奈良の地に観光に訪れるときには、飛鳥大仏とともに丸型郵便ポストの見学をしてみるのも良いですし、ここから友人などに手紙を送るのも記念となって良い思い出になります。

飛鳥寺周辺を散策するときには、交通の便が悪いようですので、レンタルサイクルが多く利用されているようです。
普段自転車に乗らない人も、自転車で観光を兼ねて見学に行くと、また違った気分を味わうことができると思います。

free space


最近の投稿